世界最古の金属加工方法、鍛造とは?

金属の加工方法は色々な種類がありますが、今回は世界最古の金属加工方法だと言われている鍛造についてご紹介いたします。

鍛造とは、ハンマーなどで金属に圧力をかけて形を変形させるという加工技術であり、古代エジプトなどでは紀元前4千年くらいから行われていたと言われています。

加工方法は、金型を用いる型鍛造とハンマーなどで形を造る自由鍛造がありますよ。

鍛造は温度によって分類され、熱間鍛造は金属を高温に熱して柔らかくしてから加工する方法ですが、冷間鍛造は常温の金属を加工する方法です。

溶湯鍛造は鍛造だけでなく、鋳造の加工技術を合わせて加工する方法です。

日本では縄文時代から鍛造による加工が行われるようになり、日本刀や農具が作られていたのだそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る