とっても精密!金属の放電加工とは?

金属加工の方法は様々な種類がありますが、その中でも放電加工とはどんな加工方法なのでしょうか?

放電加工とは除去加工に分類される加工方法で、電気エネルギーを利用して熱で金属を溶かすという技術であり、電気を通す金属なら硬さに関係なく高精度で複雑な加工が可能なため、精密部品の加工としても採用されているのです。

他の加工方法よりも加工に時間がかかると言われていますが、加工で使う電極と金属が触れる事はないため、金属への負担が少ない加工方法なのです。

放電加工の機械にも3つの種類があり、型彫り放電加工機は電極で形を転写する事ができますし、ワイヤ放電加工機は糸鋸のように金属を切断できて、細穴放電加工機は金属に穴を開ける事ができますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る