溶接の資格は「アーク溶接作業者」から取得しよう

溶接作業を仕事にしていきたいと思った場合、まず取得するべきは基礎中の基礎を学べる「アーク溶接作業者」の資格となります。
満18歳以上ならば誰でも受験できますし、未経験者でも溶接の勉強をしたのならばほぼ確実に取得できる簡単な資格の一つです。
取得自体は簡単な資格ではありますが、ここで学ぶ知識は溶接作業を安全に行うために必要な内容ですので、ここで学んだことは忘れないようにしましょう。

取得には2日間の学科と実技講習を受けた後、修了試験を受ける必要があります。修了試験は講習の内容を理解していれば問題なく突破できるものとなっています。
合格率もほぼ100%と言われる資格ですので、肩に力を入れすぎず、しっかりと講習を受けてアーク溶接の基礎を学びましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る