過去の記事一覧

  • 外壁金属サイディングカバー工法

    外壁金属サイディングカバー工法では中に断熱材が入っています。外壁に防水シートを張り、胴縁をうちつけます。胴縁にサイディングをビス止めします。 外壁カバー工法とは簡単に言えば、今の壁の上に別の外壁材を取り付けていきま…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 鋼球ができるまでの工程

    自転車の車輪などが滑らかに回るのは軸の部分にボールベアリングという部品がはいっているためです。ボールベアリングは電車の車軸やリール、風力発電など様々な軸に使用されています。 ボールベアリングには数多くの鋼球が入って…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 銀を黒く着色する

    銀に黒い風合いを与えることが出来る加工が、「いぶし加工」です。 いぶし加工はやり方さえ分かればちょっとした作業で出来るので、お持ちのシルバーアクセサリーなどに風合いを持たせたい時におすすめです。 硫黄の臭いなどが…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 液体の金属

    金属は硬い固体のイメージが付きがちですが、中には柔らかくて軽いものもありますし、液体の金属もあります。 液体の金属と聞いて思い浮かぶのは水銀だと思いますが、実はこの液体の金属と言うのは水銀しか無いのです。 厳密に…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 切断と面取り加工の基礎とは

    銅管の切断を行うなら、工具の使用方法や切断後の処理について理解していることが大切ですから、今回は切断と面取りの加工方法についてご紹介いたします。 銅管を切断するためには銅管カッターを使用しますが、刃の部分に刃こぼれ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 丸めたアルミホイルを金槌で何時間も叩くと…?

    今インターネット上でちょっとしたブームになっているのが、丸々1本のアルミホイルを丸めたものを、金槌で叩き続けるとどうなるのか?というちょっとした実験です。 とにかく丸めたアルミホイルを叩き続ければ良いので、自宅でも気軽…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 鋼の種類と特性とは

    金属には色々な種類がありますが、包丁などに使われる鋼にも種類がありますのでご紹介いたします。 包丁に使われている鋼は安来鋼と言われていて、安来市という地域で開発された鋼材であり、安来鋼の中にも種類があるのです。 …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 歯車は鋼から加工される

    色々な機械で部品として組み込まれている歯車は、遥か昔から水車などに使われていましたが、もともとは15世紀の時計職人が生み出したと言われています。 歯車には速度を変えたり力を伝えるという役割があり、現在では自動車や家…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 電子機器部品に優れた金属 銅

    銅はエジプト文明、メソポタミア文明の時点で既に銅が使われていたことが分かっており、人類が初めて使った金属としてかなり深い歴史を持つ金属です。 そして電気を通すのに優れている銅は、現代でも生活に欠かせない存在となります。…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 旋盤加工の基礎

    まず切削加工とは、切削工具を用いて材料を切ったり削ったりすることで、求めている寸法や形状に加工する事を指します。 金属材料だけでなくプラスチックにも行なわれる事が多い加工方法の一種です。 そしてその切削加工の中で、材…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る