アルミニウム合金の種類・特徴

アルミニウム合金には様々な種類と特徴があります。

アルミニウムは軽く耐食性が高いなどの魅力ある特徴を持っていますが、非常に柔らかい特性があります。
そのアルミニウムに様々な元素を調合して強度をもたせたのがアルミニウム合金です。
用途に合わせて1000番系〜8000番系の種類に分けられています。

1000番系は純アルミニウム(アルミ純度99%以上)のことです。
最初に少し触れたとおり、耐食性や軽量さ、そして加工性に優れていますが、柔らかさから傷や凹みが付きやすいという特徴もあります。

2000番系
ジュラルミンや超ジュラルミンとも呼ばれます。
銅やマグネシウムを配合して強度を上げており、鉄鋼材料と同程度の強度をもっています。

3000番系
シリコンを配合し、耐熱性や耐摩耗性が向上しています。

5000番系
マグネシウムを配合して強度、耐食性を上げています。加工性も高く切削材料に適しています。

6000番系
シリコンとマグネシウムが配合されており、5000系よりも高い耐食性と強度を持っています。

7000番系
熱処理で硬化するアルミニウム合金の中でも一番高い強度を持っており、溶接に優れています。

8000番系
高強度の合金にさらにリチウムを配合しているのが8000番系です。航空機部材などに使用されることが多いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る