金属溶接の種類

金属溶接には様々な種類があります。今回はその中からもポピュラーな溶接をいくつかご紹介したいと思います。

・アーク溶接
空気中に電流が流れている現象「アーク放電」を利用した溶接方法です。
高電流と低電圧の条件で維持される現象で、大きな熱が発生するため、この熱を溶接に利用します。

・ディグ溶接
融点の高いタングステンを使用して溶加材をアーク放電で溶かして溶接します。
多くの金属の溶接で利用できる方法で、主にステンレスやアルミ等の非鉄金属で使用されることが多いです。

・ろう接
母材を溶かさずに溶接する方法で、母材より融点の低いろう材である液状のはんだを母材のすき間に流し込んで接合します。
ろう材を溶かすには、可燃性ガスで燃焼させる方法、そして電気ヒーターで加熱する方法(はんだゴテ)などがあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る