外壁金属サイディングカバー工法

外壁金属サイディングカバー工法では中に断熱材が入っています。外壁に防水シートを張り、胴縁をうちつけます。胴縁にサイディングをビス止めします。

外壁カバー工法とは簡単に言えば、今の壁の上に別の外壁材を取り付けていきます。
外壁カバー工法は、使用する外壁材が窯業系サイディングと金属系サイディングがありますが、この2つの違いは、素材となっておりモルタル壁に変わり新しく出てきたのが、窯業系サイディングが主流になっています。

金属系サイディングの素材はガルバリュウム鋼板とアルミがありますが、アルミ製品の金属サイディングは不具合がおおいですので、アルミサイディングをお勧めする業者は少ないといわれています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る