銀を黒く着色する

銀に黒い風合いを与えることが出来る加工が、「いぶし加工」です。
いぶし加工はやり方さえ分かればちょっとした作業で出来るので、お持ちのシルバーアクセサリーなどに風合いを持たせたい時におすすめです。

硫黄の臭いなどがするため、必ず換気の良い場所で行なうようにしましょう。
まず、いぶし液と小さな容器、70度程度のお湯を準備しておきます。また銀は、洗剤などを使って汚れや油をしっかり落としておくようにしてください。
そして用意したお湯にいぶし液を1、2滴垂らして良くかき混ぜると、明るい黄色い液体に変化します。
その黄色い液体にシルバーアクセサリー等をいれると、いれた瞬間から変色が始まるので、好みの黒さになった所で取り出して水洗いをしてください。

水洗いまで終わると全体が黒いシルバーアクセサリーになると思います。
この黒を残しておきたい場所以外を研磨剤を付けた布で磨いて、元の銀色を取り戻しましょう。
デザインによって黒を残しておく所を決めておくと、メリハリの付いたデザインに仕上がりますよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る