金属は硬い固体のイメージが付きがちですが、中には柔らかくて軽いものもありますし、液体の金属もあります。

液体の金属と聞いて思い浮かぶのは水銀だと思いますが、実はこの液体の金属と言うのは水銀しか無いのです。
厳密には人の体温でも簡単に溶けて液体になってしまうガリウムも液体金属に近い部分がありますが、完全に液体なのは水銀のみとなります。

水銀は金属の中で最も融点が低く、常温常圧下で液体なのは水銀だけです。
水銀の融点は何とマイナス38.8度なので、水銀を固体にしたいのなら南極などの極端に寒い地域に行かなければなりません。

また、水「銀」とついていることから、何かしら銀と共通する部分があると思われがちですが、実は全く関係ないそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る