歯車は鋼から加工される

色々な機械で部品として組み込まれている歯車は、遥か昔から水車などに使われていましたが、もともとは15世紀の時計職人が生み出したと言われています。

歯車には速度を変えたり力を伝えるという役割があり、現在では自動車や家電製品にも組み込まれているのです。

歯車には大きな力が加えられるので鋼が採用されており、切断機で決められた長さに切断され、焼き入れで鋼の硬さを整えたら800度で加熱して油で冷やします。

旋盤加工の工程で加工されて、歯車のブランクと呼ばれる物が作られたら、刃が付いている工具を使って歯切りが行われて歯車の形が作られるのです。

今度は高周波の加熱器で焼き入れが行われて、硬さを確認したら研削盤で面を磨いて仕上げが行われます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る