電子機器部品に優れた金属 銅

銅はエジプト文明、メソポタミア文明の時点で既に銅が使われていたことが分かっており、人類が初めて使った金属としてかなり深い歴史を持つ金属です。
そして電気を通すのに優れている銅は、現代でも生活に欠かせない存在となります。

特に身近に使われている銅といえば、私たちが普段から使っている携帯電話に含まれる銅でしょう。
携帯電話の中には多くの部品が入っていますが、その中には銅に限らず様々な金属が使われています。
金や銀は性能が良いものの高価なため、こうした部品に使われることは滅多にありません。
しかし銅は、コストがかからないのに特性が非常に優れているということから良く部品として使われます。

携帯電話の中だけでも銅は、カメラから制御回路に行く基盤やフレキシブルケーブルなど様々な部品として活躍しているのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る