自分でエッチング加工をする方法

金属やガラスに自分の好きなデザインを彫刻する加工のことを一般的にエッチング加工と呼びます。
道具もそんなに必要ありませんので、やり方さえ分かってしまえば個人でも十分楽しめることから、DIYとして楽しむ方もいらっしゃいます。

まずは自分の作りたいデザインをPCで調整し、出来た画像を左右反転させたらレーザープリンターで印刷してください。
インクジェットだと上手くエッチングすることが出来ないので、この時は必ずレーザープリンターで印刷しましょう。
印刷した紙を必要な大きさに切ったら、事前に磨いておいた真鍮などの素材の板にテープで固定し、上からアイロンを数秒当ててローラーで押し付けてトナーを貼付けてください。

水に付けて紙をふやかし綺麗に紙を取ることが出来たら溶けて欲しくないところを養生し、60℃〜70℃程度に暖めた塩化第二鉄と呼ばれる液体の中に先ほどの真鍮を40分〜50分程度浸します。

浸し終わったら塩化鉄を良く拭き取って水で良く洗浄し、デザインでいらない部分を切断して銅と真鍮用の黒染め液に浸け込みましょう。
真っ黒になったら取り出して綺麗に炭を磨き取れば完成です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る