新チタンアルミ合金

硬いのに柔らかい・・・そんな不思議な合金があるのをご存知でしょうか。
チタンとアルミニウムを混ぜたチタンアルミ合金は、軽くて高強度なため飛行機の部品等にも多く使用されていますが、可塑性が低いことが唯一の欠点でした。
この欠点があることで使用出来る部品が限られていましたが、今回の新チタンアルミ合金が誕生したことで加工のしやすさが格段に向上したと言えます。

材料はアルミにチタン、そしてニオブ、シリコン、炭素で、これらを均一に溶かして取り出せば新チタンアルミ合金として生まれ変わるのです。
今まで可塑性が無かったことから、優れた材料であるにもかかわらず中型鍛造品にのみ使用されてきましたが、可塑性が生まれたことで大型鍛造品にも対応が可能になり、幅広い分野への応用が期待されます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る