金属に関連する加工

本質的な部分では金属加工ではないものの、金属加工を行なう上で非常に良く行なわれる作業が「熱処理」「メッキ」「溶射」です。

熱処理は金属が赤くなるまで熱した後、黒くなるまで冷ます作業で、短時間に加熱と冷却を加えることで、変形させること無く金属材料の性質を向上させることが可能となります。
一見単純そうな作業ですが、「より硬くしたい」「錆びにくくしたい」というような目的にあわせた様々な加工方法があるのが特徴です。

メッキは金属材料の表面に更なる金属の薄膜を作り出す為の作業となります。
例えば、空気に触れるだけで徐々に酸化していってしまう金属を、酸化しにくい金属の膜で覆うことで保護します。

溶射はメッキと少し似ており、加熱して溶解、若しくはそれに非常に近い状態にしたものを、金属に吹き付けて皮膜を作ることで保護する表面処理法です。
メッキよりも吹き付けられる材料が多く、厚い膜でも簡単に作り出すことが出来るのが特徴でしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る