情報化社会を支える高技術鋼材料

スマートフォンなどの小型情報通信機器には高性能を発揮する為の部品が所狭しと使用されています。
これらの部品に電気を流す重要な役割を担っているのが「銅」で、電気で動くIT製品には欠かせない材料となっています。

特に最新の情報通信機器には非常に高い技術から誕生した鋼材料が求められており、その鋼材料として注目を浴びているのが半導体の鋼配線材料「スパッタリングターゲット」です。

JX金属はこの製品の製造世界トップシェアを誇っており、鋼の純度が非常に高い「ナインナイン」と呼ばれる世界最高純度の銅の開発にも成功しています。
髪の毛の100分の1という極限まで薄くした鋼材料の開発にも成功しており、これは世界で一番薄い鋼材料として認められているのです。

今後情報通信機器のみならず、より多くのものがインターネットに繋がるようになることで、これらの鋼材料の活躍の場がより一層増えることが見通されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る