金属3Dプリンターは梅雨時に注意?

金属3Dプリンターの弱点として、梅雨時の使用が挙げられます。
梅雨時に造形した製品から巣が大量発生してしまったという失敗例もあり、その失敗の原因は湿度であるそうです。

金属の中に水分が含まれてしまうと、3Dプリンターのレーザーを浴びた時に水素が発生してしまいます。
そうすると中に気泡が出来てしまって水素βという現象が発生してしまい、このような失敗に繋がってしまったそうです。
もちろん梅雨時でもより入念な湿度管理を行なえば使えますので、梅雨時に金属3Dプリンターを使用する時には、この湿度管理を普段よりも入念に行なう必要があることを覚えておきましょう。

金属3Dプリンターは非常に便利なものであるものの、非常に不安定なものでもあるので管理の入念さが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る