金属彫刻の作業様子

プラスチック製品やアルミなどの金属にに刻まれているロゴや名前は金型で彫られています。
事前に大きめの原板を作成し、後から彫刻機を使って縮小していく事で美しい金属彫刻を行なえるのです。

手動での作業が非常に多いことや、文字の太さによっても力加減を変えなければならない為に職人の繊細な技術や感覚が必要となります。
実際に金属等に文字を刻んでいく時は原板の文字を見ずに手先の感覚に全神経を集中させていくため、作業工程の中でも最も気を使う部分と言えるでしょう。

自動機やレーザーでも金属彫刻の技術は発達していますが、このような繊細な感覚での作業は手作業でしか行なえないので、職人技が消える事は無いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る