様々な機械に使われる鋼球の作り方

自転車の車輪や機械の軸が滑らかに動くのは、ボールベアリングという球体の部品が組み込まれている為であり、ボールベアリングは風力発電や車輪の車軸、リールなど様々な部品に使われている金属です。

ボールベアリングの中にはたくさんの鋼球が入っていて、軸の周りに真球が入っていると機械が正常に動作し、いびつな球体では機械の動作にムラができてしまいます。

鋼球は、圧造成形という加工方法で作られ、鋼鉄という鉄合金の線材を原料として、高速の切断や10トンの圧縮により球体になります。

高精度な日本の技術力により、何度も削ることで綺麗な真球にして、熱処理により硬くで丈夫な直径0,8cmほどの鋼球を作り、超音波による仕上げや人の目でも検査され、より精密な球体が作られます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る